スポンサードリンク

避難所での非常食 ウラワザ

レトルト食品、フリーズドライ食品は、コンパクト、長期保存に耐え、調理が手軽、ゴミが少ない、と非常食には、うってつけですが一つ問題があります。それは、「白米」は加熱しないと食べにくい事です。しかし今から紹介するウラワザで欠点を解消し、暖かい食物が食べれる事が出来ます。
それは、「携帯用カイロを加熱材として使用する。」です。

---------
カイロ
レトルト
カイロ
---------

レトルト食品とカイロを挟んで加熱、保温し
この状態でタオルで包んで1時間ほどおきます。
冬場なら、僅かですがこれを抱える事で暖が取れます。

また「白米」は食べれるのに最低60℃をキープする必要がありますが、
カイロの裏面を見て、なるべく発熱温度の高いものを選ぶのが、コツ!です。

避難所での非常食 組合せ例

避難所での非常食 レトルト食品の組合せ一例(1人1食分)です。
------------------------------------------------------------------------
レトルト カレーセット
------------------------------------------------------------------------
ククレカレー (1袋)
白米レトルト (1袋)
卵のくんせい (1袋)
粉末スープ  (1袋)
粉末コーヒー (1ステック)
チョコレート (m&m=表面コートのチョコ 1袋)
飲料水    (ペットボトル500ml)
携帯ホカロン
プラッチックスプーン
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------
レトルト 麻婆豆腐
------------------------------------------------------------------------
麻婆豆腐丼  (1袋)
白米レトルト (1袋)
卵のくんせい (1袋)
粉末味噌汁  (1袋)
粉末コーヒー (1ステック)
チョコレート (m&m=表面コートのチョコ 1袋)
飲料水    (ペットボトル500ml)
携帯ホカロン
プラッチックスプーン
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

これ以外でも、五目御飯や親子丼、中華丼などがあります。
ご家族のお好みに合わせて作ってみて下さい。
すべて外側の箱は捨て、厚手のフリージングバッグに詰めなおして保管する事をお勧めします。コンパクトにもなり、使った後のゴミも少なくて済みます。(またフリージングバッグにパックして捨てると臭いもたちません)レトルト食品は賞味期限の先のものを選ぶのが、コツ!です。

避難所での非常食

避難所での「食」は数少ない安らぎです。
少しでも平時に近いものを食して気持ちをリラックスさせましょう。
避難所で水を沸かせると仮定して、その非常食の選択肢は、

1.長期の保存に耐える。
2.持ち運びし易い。壊れない。
3.調理をしなくて良い。またはラク。
4.ゴミが少ない。

こう言った条件を満たせば、別に専用品でなくてもOKです。
100円ショップでも揃う1人用の食品を用意しましょう。

レトルト食品
フリーズドライ食品

出来れば袋入りを選んで下さい。
かさばらず、またゴミに出す時もコンパクトです。
これらを一人分のセットにして袋づめして保管しておきます。

非常持ち出し袋 必要非常食

必ず用意しなければならない物は、水や加熱しなくても食べれる物です。最低一日は持つ様に準備します。以下が代表的な物で極めてベーシックなものです。


カンパン
チョコレート(表面コーティングされたマーブルチョコが夏でもOK)
缶詰(缶切の必要ないプルオープン方式のもの)
飲料水
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。